倉敷人妻風俗と実態

日本各地、ありとあらゆる場所に点在する風俗。
その店舗数、サービスの質は土地によって様々な特色があるといえると思う。
そして今回は倉敷の風俗の実態について、お話したいと思う。

倉敷にももちろん、都道府県のどこにでもある風俗街が存在する。
しかし、倉敷の風俗店はその他の都道府県の風俗店と若干違いがあったりする。
倉敷の風俗嬢は基本的に情に厚い体質の嬢が多いのだ。
もちろん全ての都道府県の風俗嬢の愛想が悪い、薄情だといいたいのではない。
倉敷の風俗が特別なのだ。
都道府県ならそりゃ違うだろうが、東海ならどこも一緒だろうと感じる人もいるだろう。
いや、それは大きな間違いだ。

たとえば、関東に目を向けてみよう。
東京で行われているサービスを埼玉が行うか?いや、埼玉は行わないだろう。
千葉で働いている嬢と同じ考えをもった嬢がいるのか?いや、埼玉にはいないだろう。
神奈川の価格帯で埼玉が戦えるか?いや、埼玉では戦えないだろう。
何だか埼玉風俗のレベルが低く感じるかもしれないがそんなことはない。
埼玉は上記3県にない唯一の特色がある。
そう、海がないために暇をもてあました女たちは昼夜問わず海を夢見てセックスしている。
だからか、個々人のセックスのプレイの幅が広く、マニアックなおもちゃを使ったプレイを引かずに一番楽しんでくれるのは埼玉の風俗嬢が多いのだ。
総じて言えば、同じ関東でもこれだけ違う。
東海なんてそれはもう、風俗は風俗でも週刊少年ジャンプと週刊少年マガジンくらい違うと思ってもらっていいだろう。
東海内の差は、週刊少年マガジンと週刊少年サンデーほどそれぞれ差があるのだ。

例えばこんな話がある
倉敷以外にも風俗は数多く存在する。
ここでは、ピンサロに目を向けてみよう。
どこにでもピンサロはある。
これは実話なのだが、東京のピンサロ嬢は何だか申し訳ない気持ちになる。
口の中でイクと、充分にバキュームで搾り取ってくれる。
笑顔で気持ち良かったですか?と聞きながら、何度も何度も口をおしぼりで拭き、一刻も早くイソジンでうがいをしたいという顔をする。
精液の臭いにも敏感で、くさいなぁと我慢した顔をするから「もう二度とお口じゃイキません」と宣言したい気持ちになる。
では、大阪はどうだろう?
大阪は簡単だ。
もう射精しているのに、イッた?イッた?イッた?と何も聞いてきてくれる。
そして、正直に「くっさ!くっさいザーメンやなぁ。うがいしてくるわ」と言って、振り返りもせずに帰って行く。
こちらとしても、帰ってすがすがしい気持ちになる。

ここで注目すべきは倉敷だ。
倉敷の風俗は口の中でイッても、バキュームはそんなに強くはない。
しかし、優しく舌でなめ回してくれる。
そして、「ナイス精子やん」と言って、うがいもせずおしぼりで口を拭きもせず、
やさしくチンチンをもみもみしてくれるのである。
特に倉敷人妻風俗はエッチな女性も多いので一度利用してみると良いだろう。