梅田人妻ホテヘル「黒薔薇夫人」

梅田人妻ホテヘル「黒薔薇夫人」

黒薔薇夫人

お店の特徴:女性キャストが「全身網タイツ」を着てのプレイ

関西で初めて「全身網タイツ」を取り入れたお店

梅田人妻ホテヘル「黒薔薇夫人」では、関西で初めて「全身網タイツ」を取れ入れたお店で、数々の変態プレイが楽しめます。20代後半~40代前半の女性が多く在籍し、スレンダー巨乳が多いため、肉感的に「全身網タイツ」が似合う女性ばかりです。またこの肉感が後述する「洗体プレイ」で生きてきます。

「全身網タイツ」といっても、プレイ内容は、SMプレイほどの過激さはではないので、一般的な風俗プレイに飽きてきた方にオススメです。「全身網タイツ」がお好みでない方は、「裸エプロン」か「キャミソール」も選択可能となっています。

オプション充実の梅田人妻ホテヘル


コースによって、オプションが充実します。75分以上のコースで、女の子に「ガーターベルト」を着けてもらうことができ、また「ミニ電マ」か「ピンクローター」が選ぶことが可能です。90分以上で「防水バイブ」が付き、120分以上で「パンスト破り」か「生パンティ」が選べます。ちなみに、90分以上で「強制3回ヌキ」ですので、すべて絞り取られるでしょう。また「お風呂でスケスケ・ランジェリーにぶっかけ変態プレイ」のように、ヘルスとソープのいいとこどりをしたプレイが人気です。

代名詞的なプレイが存在


同店の看板プレイと言えるのが、「バブルローション乳洗体プレイ 強制3回抜き」です。「ボディソープ」と「ローション」を混ぜた「バブルローション」を使用して、お風呂場でプレイします。ローションだけでは、「ヌルヌル」した感触ですが、「泡+ローション」の「ジュブジュブ」という感触は気持ち良さを倍増させてくれるでしょう。また、スケベ椅子を使用してのプレイなので、かなり本格的なローションプレイが楽しめます。そのバブルローションで、男性のありとあらゆる性感帯を刺激してくれます。「ジュブジュブ」と「全身洗体」「手コキ」「パイズリ」を楽しめることも魅力です。

その後、ベッドに移動し、通常のヘルスプレイの流れとなります。「強制3回ヌキ」を謳っているので、「洗体プレイ」で一~二発の発射もOKです。ヘルスプレイの前に、ちょっとしたソーププレイが楽しめるということもあって、大変人気のプレイとなっています。この看板プレイに加え、電マやピンクローターやバイブを使ったプレイも楽しめるわけですから、内容の濃さに満足しないわけはないでしょう。